はじめての人間ドック【江東区編】 » 人間ドックの受診前に知っておきたいこと » 人間ドック 当日の流れ

人間ドック 当日の流れ

人間ドックを初めて受ける場合は、検査や1日の流れがどのようになっているか不安があるかもしれません。まずは一般的な人間ドック全体の流れやコースによる違いを知り、準備や気をつける点を把握しておきましょう。

日帰りタイプの場合

1日で検査を受けることができる日帰りタイプは、忙しくてなかなか休みを取れない人や、費用をおさえたい人におすすめです。受ける検査の種類や病院によって順番は様々ですが、一般的な流れを紹介します。

基本のコースのみの場合、午前中ですべての検査が終わる病院も多くあります。その場合は昼食がなく、午前の検査終了後に医師による説明があります。オプションを追加するほど午後の検査が増え、検査終了時間が遅くなります。

日帰りで人間ドックが受けられるクリニック

など

宿泊タイプの場合

1泊2日の宿泊タイプの人間ドックでは、検査項目を増やせることや夜間の睡眠時に受ける検査を追加できるといったメリットがあります。また、1日の検査内容を少なくし、心身の負担を減らして人間ドックを受けるために宿泊コースを選択することもおすすめです。

検査の順番や、1日目2日目の検査時間の長さは病院によって変わってきますが、宿泊コースの1日目の流れは、おおよそ日帰りコースを同様な施設が多くみられます。ここでは一般的な流れを紹介します。

1日目

2日目

宿泊して人間ドックが受けられるクリニック

人間ドックが受診可能な江東区のクリニックをもっと見る

人間ドック前日の注意点

検査前日の注意点は、人間ドックで受ける検査項目によって異なります。病院から事前に渡される案内や説明をしっかり読み、準備をしましょう。一般的な前日の注意点を解説します。

夕食は21時までに食べ、検査が終わるまでは絶食

胃カメラや大腸内視鏡などの内視鏡検査やCTやMRI検査を受けるとき、胃や腸に消化中の食物が残っていると、検査による観察がしづらく正確な検査結果が得られなくなります。検査時間によって、前日の食事や飲水に関しての指示が病院から伝えられますので、その時間を守るようにしましょう。

食事は消化に良いものを

前日の食事の内容にも気をつけましょう。脂質の多い食事は消化に時間がかかります。消化が間に合わず、胃や腸に食物が残ってしまう可能性や、血中の脂質の値が上昇することもあるため、消化によい食事を普段通りの量とるようにしましょう。

飲酒を控える

アルコールの摂取に関しても指示がでます。アルコールの摂取による血中のアルコール濃度は血液検査の結果に影響を与えます。また、アルコールの代謝能力も人それぞれです。アルコール代謝が遅いと感じる人の場合は、人間ドックの数日前から禁酒をするとよいでしょう。

激しい運動を控える

激し運動後の代謝の関係で、血液検査の肝機能の数値が上昇します。肝機能の異常として検出されてしまうことがあるため、激しい運動は人間ドック数日前から避けるようにしましょう。

人間ドックを受けるなら
ここおすすめ

快適空間精密検査するなら

江東メディカルタワー

江東メディカルタワーの
公式サイトはこちら

費用時間おさえたいなら

あそか病院

あそか病院の
公式サイトはこちら

快適精密検査するなら

江東メディカルタワー

江東メディカルタワーの
公式サイトはこちら

気になる病気だけ検査OK

協和メディカルクリニック

協和メディカルクリニックの
公式サイトはこちら