はじめての人間ドック【江東区編】 » 人間ドックの受診前に知っておきたいこと » 人間ドックでわかる病気

人間ドックでわかる病気

人間ドックでわかる病気は様々ですが、特に日本の3大死因となっているがん、心臓疾患、脳血管疾患に関して、早期発見することが目的とされ、特化した検査項目を持っています。

また、心臓疾患や脳血管疾患の場合は、これらの病気に繋がる、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の発見によって重篤な心疾患、脳血管疾患の予防にもつなげています。

人間ドックで早期発見できる病気

がん

一般的には悪性腫瘍と呼ばれます。 がんを調べる検査として、血液検査で腫瘍マーカーと呼ばれる各種がんによって変化する項目を調べます。

また、近年では、より小さながん細胞を発見する有効な検査として、PET検査も導入され一般的になっています。CTやMRIとPET検査を合わせることで、全身のがん細胞のスクリーニング検査が可能となっています。

脳梗塞

脳梗塞は脳の血管が細かな血栓によって詰まることで脳の血流が遮断され、その部位に関連した脳神経細胞が障害を受ける病気です。

一般的な検査として、頭部MRI検査や造影剤を使用せずに脳血管の撮影をするMRAがあります。症状がある場合や、病気がわかっている場合などは造影剤を使用することもあります。

心筋梗塞

心筋梗塞は心臓の筋肉に血液を送る冠動脈血管が血栓によって詰まり、心臓の筋肉が壊死する病気です。また血管内が狭くなっていることで心臓の血流が悪い状態を狭心症と呼びます。

一般的な心電図や超音波検査だけではこの病気を早期発見することは難しく、心臓のCT検査、冠動脈CTといった検査を合わせて行うことが必要です。

動脈硬化

動脈硬化は、動脈血管の壁が厚くなったり、硬くなったりすることで本来の弾力や構造が失われ、血管の働きが悪くなる病気です。血中コレステロールが増えることで、引き起こされます。自覚症状がほとんどありません。

検査としては、危険因子として生活習慣の問診、血圧、血液検査、心電図、眼底検査、BMIを検査します。動脈硬化の程度を調べる検査は、PWV(脈波電波速度)検査やABI(足関節上腕血圧比)検査があります。この検査は5分程度で苦痛もなく簡単に受けられるため、オプションで選ぶ人も増えています。

糖尿病

糖尿病は血糖値をコントロールするインスリンの働きの低下により、高血糖状態になる病気です。糖尿病は他の重篤な血管疾患と関係が深いため、特に注意が必要です。

血液検査による血糖値、ヘモグロビンA1c(過去1~2ヶ月の血糖の平均値を反映する項目)によって検査が調べることができます。

骨租しょう症

骨粗しょう症は、骨密度の低下によって骨がスポンジのようにスカスカになりもろくなった病気です。近年では若年化の傾向もあり、特に女性に多く見られています。

骨粗しょう症を調べる検査として、レントゲンを使用し骨量と骨密度を調べるDXA(二重エネルギーX線吸収測定法)、被ばくリスクのない超音波を使用したQUS(定量的超音波骨密度測定法)検査が一般的です。いずれの検査も5~10分程度で苦痛なく受けられる検査です。

これらの病気を検査できるクリニック

など

人間ドックが受診可能な江東区のクリニックをもっと見る

人間ドックを受けるなら
ここおすすめ

快適空間精密検査するなら

江東メディカルタワー

江東メディカルタワーの
公式サイトはこちら

費用時間おさえたいなら

あそか病院

あそか病院の
公式サイトはこちら

快適精密検査するなら

江東メディカルタワー

江東メディカルタワーの
公式サイトはこちら

気になる病気だけ検査OK

協和メディカルクリニック

協和メディカルクリニックの
公式サイトはこちら